結納地域マップ

結納は地域や地方によってしきたり、作法など様々です。ここでは地域別に結納のルールを分かりやすく説明・解説します。ご結婚を予定されている方はぜひ一度、お読みください。またさらに分からないことがあれば当社までお気軽にご連絡ください。

結納地域マップ 関東 関東 関東 関西 関西 九州 九州

結納を納める前に行う儀式について

大阪府
扇子を交換する場合、男性は男持ち、女性は女持ちを用意する。地方によっては酒肴料を添える。最近では行われない場合も多い。
京都府
「見合い扇子」男性側より女持ち金銀蒔絵付扇子一本(式当日色直しに持つ分)を箱に入れ、水引体裁為し白木台にのせ更に家紋入り塗り台の上にのせ小富久紗を掛けてわたす。女性側はモーニング扇子(金銀または白扇)を男性よりの塗り台富久紗を用いて取り交す。
兵庫県
「おさえ扇子」婿方より男持ち扇子に酒肴料を添えて持参する。嫁方は女持ち扇子を用意する。共に末広に本人の姓名を書く。

結納について

大阪府
結納品は九品で熨斗、末広、帯地料、高砂人形又は友白髪、子生婦、寿留女、結美和、柳樽料、松魚料である。子生婦と寿留女を略して七品の時もある。宛名は親同士の場合が多い。帯地料の一割を柳樽料を二、松魚料を一の割合いで入れる。(現物の酒と鰹で持参する場合、書き方が異なる)帯地料は養子の場合、袴地料となる。
京都府
結納品は熨斗、寿恵広、小袖料、柳樽料、清酒料、松魚料の五品が基本でこれに寿留女、子生婦、高砂人形、結美和等の装飾品、白生地等を添えて納める場合が多い。柳樽料および松魚料は小袖料の一割を入れる。宛名は親同士である。嫁方は受目録と御多芽を出す。また養子の場合は紙類は青紙で折る。結納金は袴地料と書く。附属品として時計、モーニング、スーツ等が付く。受書は簡単で多芽袋、多芽紙、目録、末広を添えて受台にのせて出す。御多芽は結納金の一割である。
兵庫県
結納品は熨斗、末広、寿留女、子生婦、八木、共志良賀、小袖料、家内喜樽、松魚、結美和、高砂の十一品が多い。他県に持参する場合は共志良賀と八木を抜いて九品、さらに寿留女と子生婦を抜いて七品が多い。宛名は親同士である。八木は米二升を贈る。

結納当日について

大阪府
婿方では仲人に結納の金額を確認していただき、御神酒、鯣等を用意する。又は御膳料の時もある。結納納めの同行者は決まっていないが仲人または親、本人と様々である。嫁方では両親と本人で受ける場合が多い。接待は会席料理でもてなし昆布、焼のり等を差し上げる。服装は両家の格式によって違うが、平服でも白扇を前にすることによって礼を重じたことになる。祝儀は嫁方より結納金の一割を寿と書いて出す。婿方は御車料(実費)を包む。結納の披露はする場合もある。

結納返しについて

京都府
荷目録と袴料飾りは同時に納めることが多い。返礼結納としては、所謂袴返しで本人へのお土産を袴、呉服もしくは背広を、酒肴料と共に婿方よりの結納飾りより一、二回り小さい飾りと共に納めるもの。今では代わりとして金子でする場合がほとんどで、帯地料の一割が一般的である。
返礼結納の時の酒肴料として柳樽料、松魚料は結納時 の夫々半額位封入する。近ごろは結納時にゆびわをいただくことが多いので、その返礼として時計または装身具を付ける場合が多い。
兵庫県
引出結納は大阪にはないが、関西方面は熨斗、末広、袴地、松魚、清酒を結納当日、又は後日、又は荷物送りの時に新しく造って持参する。両親と本人で行くが、場合によっては仲人が持参する。紙の色は婿方と同じ色でよい。受ける側は受書を出し式当日まで飾る。袴料は結納金の一割が多い。指輪の返礼は時計・スーツ等が多い。

結納を納める前に行う儀式について

東京都
首都圏は日本全国から移転してきている世帯の寄せ集めであり、以前から特に決まった風習は無く、それぞれの出身地で行われている儀式を踏襲している例もあるが、ほとんど行われていないのが現状である。
埼玉県
決まった形式は無いが、以前は仲人が酒一升を持ち、話を決める「樽入れ」が行われていた。現在も一部の地域で風習が残っており、百貨店への問い合わせもあると聞かれる。
神奈川県
「口固め」「きめ酒」「もらい受け」「決まり酒」平塚、小田原など県西部の一部の地域で風習が残されているが、現在はほとんど行われておらず、横浜、川崎などの都市部では以前から行われていない。

結納について

東京都
関東式の結納品は本式、略式の二種がある。西地域の人には奇異に感じるがこれは関東式独特のもので目録、長のし、帯料(袴料)、末広、白賀、子生婦、寿留女、松魚節、家内喜多留の九品が基本で本式と称しこれより松魚節、家内喜多留二点を省いたものが七品、更に子生婦、寿留女の二点を省いたものが五品で略式と称される。目録は結納品が略式の場合でも本式のものを使用し印刷されたもので品物を差しあげたことにして、実際には品物を略す方法で、これが略式の結納である。特に西地域との婚約については、九品揃本式のものを使用するよう配慮している。目録の型は関東式のタテ目録で中身は印刷されていて必要な所だけ書き入れるようになっている。又中身は七ツ半に折るのが基本で、宛名は現在本人同士が絶対に多く、ゆびわを添える場合はゆびわだけ別の台に乗せ目録には頭初の書き入れ帯料の下に小さく優美和(結美和)付と書き入れるのが一般的のようである。

結納品は一台セットのものがほとんどで婿方、嫁方で話がきまると夫々同じ品目のものか話し合いによっては、嫁方は婿方のものより一段下目のものを揃え当日交換するのが建前であるが、最近は嫁方から受書だけですませる方法も出て来ている。家内喜多留は現物二升を贈ると言うことで最近は二升分の代金として五千円位を料で包むことが多くなった。結納品の単価は西地域のように結納金の一割程度と言う決まりはない。

結納式は出合いの型式が最近特に多い。東京地区は結納時に限り一度家を出たものは一切持ち帰らない。従って、結納時の掛帛紗、風呂敷類は全部先方へ差し上げるのが決まりであるため帛紗の使用は比較的少ない。西地域との婚約が多い昨今、縁組みの場合はこの点に充分留意いただき話し合いが必要である。結納金は五十万〜百万位。
埼玉県
昨今は仲人を立てる割合が激減、七品、五品の割合が多くなっている一方、結納金の金額の多寡にかかわらず、きちんとした本式九品を揃えるケースも根強く見られる。
神奈川県
東京と同じで、七品、九品が一般的に利用されている。

結納当日について

東京都
昨今の結納事情から 、仲人をたてる割合が激減しており、両家の両親と本人のみで行うことが多く、嫁方の住宅事情や準備の煩わしさなどから、自宅へ迎えるケースは少なくなり、料亭やホテル等を利用することが多くなっている。

結納返しについて

東京都
首都圏では一般に結納は取り交わしが原則とされる風習があり、婿方からの一方通行では片結納として嫌われることから、たとえ少額でも結納金を包んだ結納品セットをカタチだけでも用意して、別途記念品として時計、背広などを添える形式が多くなっている。

結納を納める前に行う儀式について

福岡県
「寿美酒」婚約が決まったら大安吉日を選んで酒一升、鯛一匹を仲人又は婿方の親が嫁方へ持参する。一生一代の意味がある。
熊本県
「スミ樽」嫁方から承諾の返事をもらったら仲人はその場で酒肴を買い、成立の酒宴を持つ。または後日、吉日を選んで酒一升、魚を持って行く。嫁方では「樽びらき」を行う「スミ樽」後、吉日を選び嫁側の親族を招き、婿を紹介する。その時の費用は全て婿側が持つ。

結納について

福岡県
結納品は熨斗、寿栄広、御知家、小袖料、子生婦、寿留女、家慶鯛、家内喜多留が基本でそれに結美和、帯、高砂人形等が付いて九品、十一品で使用されています。酒は二升で、鯛は雄鯛雌鯛の二匹で飾りをつけて結納品と一緒に飾る。宛名は○○家から○○家と書く。嫁方は受書を出すが、最近は結納の時に婿方は仲人と共に両親、本人が同席するため、受書は必要なしと言うことで嫁方より受書を出さないことも多い。お返しはしない地区であったが、最近は、お返しをすることが非常に多くなった。お返しの内容は、簡単なものでは熨斗、寿栄広、袴料(背広又はタイピンセット、時計などの品物が多い)で、友白髪をつけている場合もある。紙折りは、お店によって赤、青の両方共使われている。

結納当日について

福岡県
結納納めは婿方から仲人夫妻だけの場合よりも仲人夫妻と両親、本人で行く場合が多い。嫁方は両親と本人で受ける。郡部では、双方又は嫁方のみ親族代表が同席することがある。接待は会席料理で引出物は食品類が多い。御車料をつける場合がある。また「お茶見せ」「お茶開き」と称し、結納を披露する。

結納返しについて

福岡県
結納に対する返礼はないが、最近は引出結納をすることが多くなって来ている。熨斗、末広、袴料の三点又は酒料、魚料を付けて五点。しかし、品物で返礼する場合が多い。背広、時計、タイピンセット等で現金の返礼は少ない。引出結納は、結納当日にする場合が一番多い。または荷物送りの時にする。品物だけを送る場合は土産として扱っている。

お問い合わせフォーム