結納基礎講座

「結納」と言ってもなかなか分からない方も多いかと思います。ここでは簡単に分かりやすく「結納基礎講座」としてご紹介いたします。ただ「結納」も地域、地方により様々ですのでここでは一般的な結納について解説します。

結納って何ですか?
結納の儀式は、日本古来より行われている婚約の形式です。昔は「云納(いゝ入れ)」といって婚約を申し込むという意味でしたが現在は「結納」と呼ぶ様になりました。その意味は契約(結)を受け(納)てくださいと言うことです。地方によっては「たのみ」と言っていることもあります。現在の結納品の納め又は取交しは、仲人又は適当な人をとおして婿方から嫁方へ納めます。嫁方は御膳を準備して結納品を受け、接待をし、受取書を出します。以上が一般的な儀式です。
本格式結納と略式結納の違いは?
本格式結納

仲人が両家を往復して結納品を届けるやり方です。仲人はまず新郎宅へ行き、納品物を預かります。その後、新婦宅へ赴いて結納品を納めます。祝い膳などのあと、仲人は新婦宅で受書と結納返しを預かり、新郎宅へ納めます。

略式結納

仲人を立てず、両家が一堂に会して結納と結納返しを一緒に行うやり方です。最近では略式結納が一般的になりつつあります。略式結納は新婦側の自宅や式場、料亭などで行う場合が多いようです。
結納金について教えてください。
結納金とは、結納の際に新郎家から新婦家へ贈られる金銭のことです。「御帯料」「小袖料」「帯地料」などと呼ばれることもあります。結婚情報誌などでは新郎の給料の2ヶ月分から3ヶ月分とされていますが、明確な規定や標準金額はありません。
新婦側は、結納金の1割から5割(関東では5割、関西では1割が多い)にあたる金品を、結納返しとして新郎側へ贈ります。「御袴料(おんはかまりょう)」とも呼ばれています。
関西では結納返しの金額が少ないので、それをあらかじめ見込んでおいて、新郎側の出す金額も、関東よりは少なめになります。
結納品ってどんなものがあるの?
現在はほとんど金子にて済ませる様になりましたが昔は物品の多くを結納品として贈っていました。小袖、袴、帯の品物又は生地、白生地、真綿、指輪、熨斗、末広、寿留女、子生婦、鯛、松魚、友白髪、家内喜多留、かさ、草履、米、茶等たくさんの種類がありますが以上の品は健康、長寿、発展、幸福、節操、剛健、歓喜、多産、待望等の象徴として贈られていました。 そして一つ一つの品におめでたい鶴亀松竹梅等の飾りを付けます。

熨斗: 我が国は四方を海にかこまれて、神代の昔から山の幸、海の幸に恵まれているため、魚介類を尊ぶ傾向があり、品物を贈る場合「ひねり熨斗」と称し、鰹、鯣等の干したものを紙に包んで贈る風習がありました。室町時代の中期より他家に品を贈る時に熨斗をつける習慣が武家の間で広がりました。熨斗はあわびの肉を長くのばしたもので延命に通じ、長生不死の薬と言われ、めでたい儀式に祝肴として必ず添え、祝ったものです。

末広: 末広は「すえひろがり」で先に行く程広がり、繁栄を祈りめでたいものとして喜ばれます。白扇は嫁に来たら、こちらの家風に染まってくれる様にという意味が含まれています。

友白髪: 友白髪は、ともに白髪になるまで仲良く、添いとげる様にと言う意味があります。友白髪は白麻を使用します。

寿留女: 寿留女は日持ちが良く、かめばかむほど味が出ておいしく、この様な嫁になってくださいと言う意味があります。

子生婦: 子生婦は祝事には欠かせない酒の肴として昔から珍重され、保存食としても大切にされました。立派な子供を産んで良い主婦になってくれる様にと言う意味があります。

松魚(鰹節): 松魚は昔から勝ち魚として祝事に使われました。

家内喜多留: 家内喜多留は家の中に喜びが多く、いつまでも続く様にと言う意味があります。昔は祝事には家内喜多留を持参しましたが、現在でも神事、祝事にはかならず清酒を持参します。

結納に関する「しきたり」や「作法」を知りたい方はぜひ当社までご連絡ください。ご連絡お待ちしております。


お問い合わせフォーム